忍者ブログ
詩と、アリスと物語。好きなモノコトを思いのままに描く鏡。
12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    Calendar...
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    Profile...
    Name:
    水いろ。 / AkiRa.k
    Hobby:
    作詩、曲聴、散歩etc...
    Lover of:
    アリス九號./ 逆凪 諒etc...
    Mail:
    shw-a-lies☆live.jp
    Twitter...
    MyLinks...
    MyLink ii...
    ThanxComments...
    [09/13 水]
    [08/25 癒音]
    [01/21 あさこ]
    [02/28 あきら]
    [02/24 海くらげ]
    Mero...
    メロダチさん大歓迎ですv

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっと色々

    強化しようと思いつつ。
    何となく、こう、世界が出来上がってきたというか。
    何にせよ今やる気があるので、二つ三つ練ってみようかなと。で、書こうかなと。

    ・ENGAGE FRIENDS
    もうこれは書くしか……^^; 旧夢址ノ現夢、更に古い名前を出すなら天夢天命。
    初期の名前なんてもうすっかり忘れてました。此間その頃の予告編が出てきました(笑
    今はね、5章のラスト書いてます。一話一話が長くなった気がします。旧作の3章分が5章になったと。
    間章も入ってるので6話分ぐらいですねー。
    メイン小説、最初に上がるのはおそらくこれです。がむばります。

    ・黄昏色のアコル(仮)
    いつまでも仮の域を抜け出てない短編。プロットだけなら随分前からあるんですが、如何せん発展しない^^;
    もうそろそろ忘れられているんじゃないかとハラハラしています。忘れた頃におそらく送りつけるでしょう←

    ・タイトル未定
    昨日考え始めました←  人物設定と世界観設定だけは何となく思い浮かんでる状態。
    これね、あと20日弱で書き上げます。ノルマなんです(ぁ


    あと、近いうちには硝子の童子唄とかも書きたいですね。書きたい話は沢山あるけど如何せん頭が追い付きません。ひとつずつ地道に解消するのでやっぱり時間はかかりますねー。
    そろそろ詩メインサイトを抜け出したいんですけどね(笑
    でもこないだちょっと見ると短編小説の数は意外とあるなと思っちゃいました←
    ただ、それのベースを作ってるメイン版が皆無なのは、問題。

    泡沫うつゝも、ネタだけはノートのページが埋まるほど書いてるんですが……^^; こっちはまだ時間がかかりそうですねぇ。ENGAGE FRIENDS終わってみないと分かりませんねー。

    拍手[0回]

    PR

    決めた。

    もうね、「死文書」の内容ぐだぐだ考えるのやめる。←

    全文考えたところで10分の1も使う予定はないわけで。
    そんなもののために4.5で止まっているのを思い返して。

    そういや「死文書」ってどれくらい使うんだろうって考えたら、あんまり使わないわけでして。

    だったらそこまで深く突っ込む必要はない気がするんですね。
    ENGAGE FRIENDS。さ、執筆再開しよ。


    また色々とんでもない講義ばかり取っているミナセでした。生存報告。

    拍手[0回]

    25+25+92

    何って、虚城に置いてある詩の数です(笑

    142作……ですか。一番多い時は多分200近くあったから限りなく少ない感じはしてましたが、それでも……多いですね。
    保存されているものなら250は絶対あります。某所に投稿したものだけで221とか2とかあるので。
    結構書いたな……一番古いのだったら、200……4年?5年?とか。
    書きためているじゃないか、と思いました。

    今日のは一回書いてみたいなと思っていてようやく書けたもの、です。
    暗黒童話に本腰入れたいな、という願望が詰まっていますハイ。
    ですが今書いているものも楽しんでるので……まぁ、後に回しましょう。

    ユメウツツは書きたいんですが、あれは途中から修正じゃないので。
    実際難しそうなんですよねー……終りの構想はあるんですが。
    ならA-Devil……まぁ、考えてみます。蒼穹でも、良さそうだねぇ。短編もアリだし。うん。


    ところで、
    某所でちょっとした考え事をしていたら童話の一ページが出来て。
    それを語っている妙な吟遊詩人のイメージが浮かんでしまって。
    段々設定されていってるんですが^^;

    「Oberon」、という、名前。凄い長生きしてる精霊の類だと思いますが妖精ではなく。
    何故かケットシーをお供にしている……図が。

    あ、あれっぽい! 旅人シリーズの、あれ(笑  つまり季吏亜だ。結局これも季吏亜なんだ!!←

    拍手[0回]

    engagement

    ENGAGE-FRIENDS、……まだ夢址? 夢址か。
    タイトル欄にはもうENGAGE-FRIENDSになってるかなぁ。別に婚約も何も無いけど……まぁ、似たようなものか。
    未だに恋愛物じゃないと言い張ってます。そんなに綺麗なものじゃないよ。
    ENGAGE-FRIENDSのシリーズ(予定)は、少女だけしか愛せなくて文字通り見れなくて何らかの狂った形でそれを向ける少年とその少年に心底依存してて彼がいないと生きていけない少女の話、だから。
    呪縛とか鎖とか、そういうモチーフ。「運命の赤い糸なんて言ったら聞こえはいいけど、それを抱えて地獄に落ちて行く僕らはどうなんだろうね?」っていうようなお話。
    でもお互い、そうしなきゃ生きていけないから。生きてなくても、いいって彼らは思ってるけど。

    さて、そんな夢址は少年カノン(彼方)の独白と一輝を書くのがひたすら楽しいです。
    名前はね、散々迷ったけど、もうカノンでいいかなーって。
    じゃあ、兄の名前もキリアでいいんじゃないかなーって。でも、きっと兄は、久時。どっかで季吏亜って、出てくるかも知れませんが。
    季吏亜とカノンなら、ちゃんと関連性あって。久時と彼方でも、名前の繋がりあったんだけど。
    無くなりそうですね。でもね、カノンがやっぱり一番しっくりくるんです。無理がない。
    弥宵は……仕方ないから、このまま。此れ以上やったら果刹を「槻那」とか呼ばなきゃいけなくなる(笑

    季吏亜はもともと、「キリエ」、をちょっと発音変えて。それにカノン(正典)だから、ぴったりではあったんですけどね^^;

    今はー……序、1、2、3、間、だから……5話書いたのかな。次は4章。まだまだ道のりは長いです。
    デンパンブックスさんにはある原版で、次3話目書きますから;
    原版にしかない話、修正版にしかない話、どれも実は大事なエピソードだったり欠片だったりするので、無理なく混ぜたいと思います。結構なボリュームに……なるかな? もう原稿用紙は28枚ぐらいで。
    元々随分短い物語が多いから、虚城にしては長い方です。たぶん。



    にしても最近、虚城のことばかり……書いてますね。
    地味にそれしかネタがないとか、他のオフ用日記にネタ使ってて二度書く気ないとか、そんなんですが←

    拍手[0回]

    いつの間にか、

    荒虚城は三年経っていたという。
    拍手下さったり、お言葉下さったり、してくださった多くの方々に感謝、ですね。
    本当に、有難う御座います。こんな辺境のサイト、来てくださっただけで感無量、です。

    三年。その間に生活環境もがらっと変わったわけで。
    此処一年は、生活環境どころか知識の偏り方も変わって。
    色んな変化の中で、自分の言葉を持てなかった時期が続いた、と、思います。
    書こう書こうとして、短いものは、書けた。短編は、凄く書いた。
    でもその核になる部分は、ってなった時に、どうしてもまだ早いんじゃないかって。

    次の一年は、それを昇華する時だと思います。

    悔いの無いように。
    もう、待たないために。

    待たせている……意識はあるんですけど、「待たせないように」、というのはまた違うかな、と。
    物語の完成を誰よりも待ち望んでいるのは僕であって。
    物語をそこで終わらせたくないのも、また僕なら。
    形にするべきですよね? 終わらないのだと、言い切る期間は充分にあった。
    終わらせないために、SSという形を作った。
    世界も、ある程度繋がっている。もう。

    荒れ果てた幻の城は、組み上がったわけです。
    虚ろに、朧に、仕上げるだけ。

    遅すぎることはないけど、早くもないでしょう、もう。
    停滞は衰退でしかないなら、やるに限る。それが、一番良い。そろそろ見えてはいるのだから。


    いつの間にか……本当に、いつの間にかで。
    実際微妙に忘れてましたよ。今日が16日ってことも、この日にサイトを作り直したってことも。
    管理歴は、さり気にまだまだ長いので^^; 6年近く、やってるんじゃないかな。

    この玩具城に、沢山の部屋が出来ればいい。
    4年目は、そんな年ですね。


    最後に、もう一度。
    お越し下さっている方々に、

    有難う御座います、と。



    夢幻ノ荒虚城  神崎水 拝

    拍手[0回]

    久々に

    良い感じに詩を書きました。書き始めたらえらい楽しかったです。
    遠来未来さんの「真実を歌うもの」っていう曲を聴きながら。つまりイメージですね。
    うちに置いてある詩の大半はこの手のものです。BBSにずっと投稿してたので。

    詩は、本当にすんなり書ける。イメージが浮かべば、後は響きだけで言葉並べて。
    意味が通るか通らないかなんてどうでもいいっていうのが僕の考えです。詩に関しては。
    響きと、その雰囲気だけで充分だと、思うんです。
    じっくり読ませるものじゃなくて、余韻とか、世界観とか。読まなくても浸かってもらって、それを味わってもらうのが、詩。
    僕の場合は物語もその傾向が強いんだけど。

    言葉の響きを、楽しんでもらえればな、と思って書いていた、はず。
    今はもう少し、物語は読み取ってもらおうと頑張ってるんだけど。

    本来、そういうの苦手かもしれませんね。
    ニュアンスで感じ取ってほしい。詩はそれを全面に押し出せるから、すらすら書けます。
    行き詰って言葉がぽんと出てきた瞬間も楽しいし嬉しいんだけど。

    MIDIはいいですね、うん。

    そう、PC上で夢址の修正をがっつり始めました。
    思ったより早く上げられるとは言い難いんですけど、根詰めて納得できる形に持って行きたいなと、思います。
    今まで使っていたお題、今度は使う予定ないので。
    複雑に……なるかもしれないなぁ。

    拍手[0回]


    [1]  [2]  [3]  [4]  [5


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]