忍者ブログ
詩と、アリスと物語。好きなモノコトを思いのままに描く鏡。
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面
    Calendar...
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    Profile...
    Name:
    水いろ。 / AkiRa.k
    Hobby:
    作詩、曲聴、散歩etc...
    Lover of:
    アリス九號./ 逆凪 諒etc...
    Mail:
    shw-a-lies☆live.jp
    Twitter...
    MyLinks...
    MyLink ii...
    ThanxComments...
    [09/13 水]
    [08/25 癒音]
    [01/21 あさこ]
    [02/28 あきら]
    [02/24 海くらげ]
    Mero...
    メロダチさん大歓迎ですv

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    アンノスタルジア

    ラスト!!



    KAITO生誕祭曲のお手伝いです。
    製作期間……4日ぐらい、かなぁ。
    明るい曲調に暗い歌詞を、とのことだったので、相当悩みました。
    →結果:病的。

    歌詞だけ見ると相当鬱々としてます多分。
    最後の方少し希望がありそうには感じられるかも知れませんが、、、
    これ、どういうテーマから入ったかというと、「辛い想い出なんて見たくない」。
    ぼかしてぼかして、最終的に此の形に収まりました。
    どうなりたいのか分からない宙ぶらりんな状態になってると思います、完成形。
    推敲前はもっと率直に過去への憎悪にも似たものを書いてました(笑)
    ぁ、でも明るい曲にそれとなく合わせるように情景重視でもあったりします。

    今回もちょこちょこっと解説を入れると、
    「噛み合わないピース」は雪の結晶のイメージ。真っ直ぐ季節感から入りました多分誰にも気づかれてないと思いますが。完成しない空虚感…ですかね。
    あと「かちりと回る」っていうのもこれも雪ですけど、こっちは歯車に見立ててます。パズルとしては噛み合わないけど、追憶の鍵としては噛み合う雪。
    で、最初の「壊れた時計の文字盤を右回しに回す」と、後の方、「左回りに回り続ける針」は実質一緒です、ね。
    過去へ過去へ戻る自分の中の時計。追想、のイメージです。
    逆に「空に刻まれた記号」=「星座」=「星」は、規則正しく未来へと流れているのです。
    過去へ進むか、未来へ進むかの対比。
    “砂時計の中の 白い光も   朝に溶ける双子のように 形失くし”っていうのは、砂時計にも雪を詰め込んだっていうイメージです。溶けた雪は透明に、見えなくなって、流れていく。
    あと「双子座が流した白い光」って、流れ星と雪と二つのイメージを同時に入れたもの、ですね。


    まぁ、そんなことをつらつらと書いたところで、
    ハルシオンと同じく続きに歌詞を載せておきます。
    この歌詞に関しては、上の解説はサラッと表面撫でたようなものです。
    相当色んなイメージをひとつの物に詰め込んで書いてるので、色々想像してみて頂けると嬉しい…かな。


    さて、溜め込んでた完成お手伝いもの三連発終了!
    本館サイトの方ですが、春ごろにまた移転するかもしないかも。
    本当はこのブログに統合してしまいたいんですが、奈何せん詩が200以上あるんですよね…;;
    何か良い手段はないものか…。
    移転、っていうのは、あれです。そろそろ無料サーバーに戻ります、ということです。
    更新停滞もいいとこですしね…;;


    拍手[0回]

    PR

    白霞

    二発目!



    これはwakapesさんとの共作です。
    歌詞は今回は転載許可取ってないのでピアプロリンクで。此方です。

    まぁ、普通にMEIKOのとことか二人のとことか、そんなの書いてました。
    詩先なんて出来ない私はwakapesさんにどれだけ助けられたことか…!!

    意識したのは、やっぱ和風かな。
    あとはテーマが「銀世界」だったので、白く白くを心がけた結果白しか残らなくなりました。
    「雪のみぞ回り廻る園で」~が個人的にお気に入りです。音も。
    実はこういう箇所書いてるのが一番好きなんです。

    拍手[0回]

    春《姫≠女》苑

    溜めに溜めてた動画、三連発いきます。



    一発目、『春《姫≠女》苑』です。物凄く面倒臭いタイトルですが、読みは『ハルシオン』です。
    この歌詞、タイトルも面倒臭いんですが内容も面倒臭いです。
    でも深い意味はないのです。なのであんまり、意味とか解釈を考えずに聴いて欲しいのです。

    どう生まれたかというとね、
    曲を聴きながら断片的に浮かんだイメージを繋ぎ合わせて書いたんです。
    真っ暗な中に、光で描いたように鮮明に浮かんだイメージです。
    まんま白昼夢を描いたようなものです。
    全ての断片的なイメージが、ぼんやりと霞む人影に収束した。歌詞で「貴女」と呼んでいるものです。

    ちょこちょこっと暗喩を使っているのでその辺りを説明すると、
    「向日葵」は大体「太陽」とか「昼」とかそんなのと同義で使ってます。
    「春咲きの 紫苑 ―――《微睡》」は、そのまま。「堕ちる眠り」のイメージ。
    「伽藍」には「がらんどう」と「空華」両方の意味を入れてます。
    「茨棘」は比喩じゃないですけど、草木が乱れ茂ること。乱れる様のことです。
    それくらいでしょうか。とりわけ意味不明なのは。
    それと余談ですが、「春紫苑」の花言葉は「追想の愛」を採用してます。

    ……大体どんなモチーフで書いたかはこれでお分かり頂けたかと思います。

    続きに歌詞載せました。
    ちなみにこれ、7月初めに書いた歌詞なので。
    思いっきり春と夏の境目臭なんです多分。


    拍手[0回]

    おそらく定評のあるお嬢曲





    完成したようです!!

    ヤンデレ曲に区分して良いものだと思います。
    サビのハモりが凄く目立つハモりだったので、遊び心を加速させて表歌詞と裏歌詞を作ったんですが動画では2番以降裏歌詞採用。
    ヤンデレっぽさは若干薄くなってます。元々薄いんだけどね!

    元歌詞は「月兎症候群」で、サイトにあります。表にどっちの歌詞を出すかで結構雰囲気変わるかも。
    お気に入りは2番Aメロかな。オケも格好良いし。

    気付いたら使って頂いた歌詞は15曲超え……これが16作目になります。有難い。
    動画完成したからサイトも更新だー!

    拍手[0回]

    忘れてた。



    書いたことを、ね……。
    トマトマさんとの共作……と言いますか、トマトマさんに頂いたお仕事、と言いますか。
    1サビ分だけ歌詞もらって、「じゃあこれに合わせて書きますねー」とか言って、
    残った原歌詞、1行2行なんじゃないかな……;;

    Aメロからごりごり書いていきました。これも構想に相当時間がかかったんだけど。
    出だしさえ浮かべば、30分ぐらいで書きあげたよこれ。

    「もし今日が雨なら」……ぐらぃじゃなかろうか。貰った歌詞そのまま使ったの。
    雰囲気は変えてないと思う。多分。

    こういう歌詞一部的な感じでもイメージを頂いてると身が入れば結構書けるんだけど。
    何もないと本気で構想だけで1カ月ぐらいかかるようになったからな……。危ない。


    ……今ちょっと衝撃を受けた。

    叫びだしたいのをちょっと堪えた。
    趣味であっても、文章を気に入って頂けると文字書きとして感無量です……。
    空月さま有難うございます。……ってこんなところで言っちゃいますが。

    落ち着いたら色々書きたいなー。
    SSもそうだし、シナリオもちゃんとやってみたいし。
    サイトの止まってる小説とかね!w 文章力は退化の一方な気がするけど、何とかしよう。
    ぅん、大丈夫。感覚を思い出せば書けるはず。

    小説は、触れたら壊れそうな硝子のような文章だと以前言って頂いた。
    以来、ずっとそういう文章を書けるように精進……精進……すみません最近サボってますorz

    歌詞に関しては曲に合わせるのでそうでもないけど。
    はー……よし、とりあえず今やるべきは書くことじゃない。読むことだ。

    拍手[0回]

    「儚い国を永遠と信じて 笑い合ってた」

    お久しぶりです。
    Filoさんの8曲目、コラボ6曲目、完成したそうなので持ってきましたー!
     



    かなり激しいロック曲……に、オマエよくこんな歌詞合わせたな、な歌詞。
    歌詞だけ見ると静かですよ。

    構想20日強、製作2日。……えらい時間がかかりました。ふぃー。

    今回はきっちり上から書いていきました。
    で、戻って修正、進めて、戻って修正……の繰り返し。
    やっぱりAメロから書いていくのが一番書き易いです。

    シーンは海。若干夏。
    キーワードは「砂の城」、と、「サヨナラ」。
    仮タイトルはFarewellでした。
    これには英字使いたくないなっていうのと、もっと漠然とした崩れそうな感じにしたかったので、「砂子梦」に変更。

    本館サイトの改造がいつ終わるか分からないので、追記に歌詞載せます。
    ただし原版だから一か所だけ違います(笑。

    拍手[0回]


    [1]  [2]  [3


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]