忍者ブログ
詩と、アリスと物語。好きなモノコトを思いのままに描く鏡。
11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面
    Calendar...
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    Profile...
    Name:
    水いろ。 / AkiRa.k
    Hobby:
    作詩、曲聴、散歩etc...
    Lover of:
    アリス九號./ 逆凪 諒etc...
    Mail:
    shw-a-lies☆live.jp
    Twitter...
    MyLinks...
    MyLink ii...
    ThanxComments...
    [09/13 水]
    [08/25 癒音]
    [01/21 あさこ]
    [02/28 あきら]
    [02/24 海くらげ]
    Mero...
    メロダチさん大歓迎ですv

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    【箱庭】壁の落書き~絵本~

    何か重い物が落ちる音に、少女はきょとりと振り向いた。
    小さな段ボール箱が床に転がり、其れを少年が見下ろしている。

    「もう、要らないから。欲しいのあったら、君にあげるよ」

    何処か突き離したようなその言葉に、少女は改めて少年を見た。
    冷めた瞳は、言葉の通り、もう目の前の物質に何の興味もないのだろう。
    少女が近付き、箱を開ける。 開けると、本が詰まっていた。

    「棄てるの?」
    「要らないならね。もう全部覚えて……飽きたし」

    一瞥しただけで内容を記憶してしまうほど、頭の良い少年であることは分かっていた。
    それ故か、少女は其れ以上を聞く事もなく、本を取り出し検分する。
    少年の趣味の、綺麗な装丁の其れら。 読めない言葉の物もあれば、少女もよく知る絵本もある。

    やがて、箱が空になった。

    「じゃあ、これだけ」

    自分が広げた本の中から迷わず一冊選び出し、少女は少年に差し出す。

    「これだけ、持ってて」

    少年は、眉を顰めた。
    要らないって、言ってる。 そう、もう一度繰り返しても、少女は伸ばした手を引かない。
    何度言葉で、態度で訴えても、まるで柳に風。
    少女はにこにこと、笑うだけだ。

    「んー………じゃあ、教えて?」

    空気に感情を映したやり取りを始めて暫し。 また不意に少女が口を開く。

    「ボクとキミにとっての、“ほんとうのさいわい”」
    「………」

    言葉を詰まらせた少年。
    済んだ少女の瞳を、真っ直ぐに見つめて、
    少女の手から、絵本を取った。

    「……取っとく」

    抑揚も付けずに、只一言少女に返し、部屋へ戻るため踵を返す。
    階段を二、三段上った所で、背に、少女の声を聞いた。

    「ありがとう、“カムパネルラ”」

    振り向いて見た彼女の顔は、変わらない透明な笑顔。
    真意を図ろうとするように、少年は少女を覗き込む。
    水面か、硝子を見ている感覚。
    その先のものは何処か歪んで、真っ直ぐに指を伸ばしても掴むことなど出来はしない。

    「……でも、」

    諦めたように、少年は言う。

    「僕はザネリなんかのために、死ぬわけじゃないよ」
    「うん」

    少女は頷いた。

    「ボクはキミがザネリのために死ぬために、キミにお礼を言いはしないよ」
    「………」

    不可解そうに目を細め、
    しかし、直後。 漸く柔らかく、少年の表情が緩んだ。
    少女に近寄り、その頭に片手を乗せる。

    「僕は、君の」

    噛み締めるように、彼は答えた。

    「君の“ほんとうのさいわい”を、見つける為に生きるよ」
    「じゃあ、」

    不思議そうに、少女は首を傾げて返す。

    「キミの、“ほんとうのさいわい”は?」

    少年は微笑み、躊躇うことなく口にした。
    其れが当然と言わんばかりに、滑らかに、言葉を紡ぐ。

    「君の為に、生きて、死ぬこと。……お休み」

    手を離し、部屋へ引き返す少年は、もう、足を止めなかった。
    がらんどうの部屋に只、幼い少女の声が響く。

    「おやすみなさい。ありがとう―――“ジョバンニ”」

    拍手[0回]

    PR

    ロンドン橋

    ハロウィンにちなんで。イギリス民謡ですけど、今日はロンドン橋のお話をします。

    例の如く、引用は「誰も知らなかった本当はこわい日本の童謡」から。
    ・・・・・・・イギリス民謡なんですけどね。番外編で載ってました。

    怖い民謡集ですからね。ロンドン橋も、やっぱり残酷です。
    大丈夫な方のみ、続きを御覧下さいな。

    拍手[2回]

    通りゃんせ

    さて、久々に語りましょう。今日も童謡。
    今回は、僕の一番好きな怖い歌、「通りゃんせ」です。

    前回の「かごめかごめ」と同じく、今回も『誰も知らなかった 本当はこわい日本の童謡』からの引用文。
    あとは、やっぱり僕の考察ですね。だって、語るためにあるんですから(笑

    ちなみに興味のある方、この本読んでみて下さいな。
    この薄さで1400円という値段は少しアレですけど、多分図書館探せばあると思います。
    しかも今なら全国の図書館から取り寄せ利くんでしょう?使ったことないですけど。
    読みたい本を探すために図書館行くことなんてやったことないですからね。
    いつも、その場で・・・・。

    っとと、長くなりました。では、行きます「通りゃんせ」。
    少しばかり残酷なので、苦手な方はどうぞこの辺で・・・・。

    拍手[0回]

    かごめかごめ

    このカテゴリで何か書くのって初めてですね。
    本当は、自作の物語でもアレしようかと思ってたんですけど。
    いざとなると書けなくて。

    だから、昔話とか童謡とか、神話とか。語りたいと思います。
    本で読んだこと、どこかで聞いたこと、自分の意見とごちゃまぜですが。きっと。

    今回は、かごめかごめです。
    日本の童謡ですからね。まつわる話はそれなりに、暗くて重いものですよ。

    拍手[1回]




        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]